検索

【コロナ対策】人とペットと地球を守る除菌クリーナー

お読みいただきましてありがとうございます

TAKASHOです。

新型コロナウィルスの驚異的な感染力の高さに驚きを隠せませんね

こまめな除菌と、マスク着用、手洗い、うがいを引き続き徹底して参りましょう。

そして、何よりも免疫を下げないことですね。

風邪予防と同じように、ビタミンやミネラルの不足や睡眠不足に注意し、高い基礎代謝を心がけましょう。

ヨガやティラピス、ストレッチ運動はさておき、体力を付けようと頑張って運動するのは避けましょう

なぜならば、筋肉や心肺機能をフルに使う運動は、疲労度を上げてしまうので逆に免疫が下がってしまうことがあります。

何事もほどほどに。


さて、

新型コロナウィルス対策には、アルコール消毒剤が推奨除菌薬品とされていますが、

今は異常なくらいの量を使っています。

事あるごとにあちこちで手指を除菌し、手が触れるだろう箇所にもジャンジャン使っているのが現状です。

感染しないためには仕方がない・・・確かに

でも、新型コロナとの戦いは今しばらく続きます。

では、アルコール消毒剤がどのように人体に影響があるのかをお話します。

プロ野球選手が大きな試合の後に「ビールかけ」をするときがありますよね?

あの行為は、急性アルコール中毒を招きかねない危険行為。

なぜならは、アルコール類は皮膚から体内に取り込まれ、肝臓へ送られます。

「ビールかけ」はお酒を口から飲んでいないのに酔いつぶれたり、二日酔いになったりするのです。

それと同時に消毒用のアルコール類も同様に、皮膚から吸収されて肝臓へ運ばれていくのです。

特に小さなお子様や肝臓の弱い方には、深刻なダメージが予測されます。

現に今、アルコール消毒をしている手は乾いたり荒れたりしていませんか?

それは殺菌と同時に、皮膚にとって大切な組織にもダメージを与えている、そんな状況です。

もちろん、お酒と消毒用のアルコールは若干の成分の違いはあるものの、紙一重。

揮発性成分は引火の可能性もありますし、

長期的に触れ続けていると、体内のカルシウムやビタミンは破壊されやすくなっていく可能性があります。

長期的に大量に使用すると人体に良い影響を与えないことはこれでお分かりいただけるでしょう。

【ペットへの影響】

アルコール類は揮発性物質です。

呼吸器から揮発成分が入り、動物の小さな肝臓へ運ばれます。

肝臓の機能が弱くなると免疫機能が低下し、疲れやすくなります(これは人間も同じ)

免疫機能が低下するということは、その他の病因を引き起こす原因となるため注意が必要です。

私のもとには3匹の保護猫がおりますので、除菌類は全て天然除菌剤を使用しています。

私はスピリチュアルとは別に登録販売者の資格があるのと、流通ルートを抑えているので

比較的詳しいですし、入手が可能なのです。

その天然除菌剤はコレ↓



Save The Glove(セーブザグローブ)と言います。

もっと詳しく、あるいは使ってみたい!という方は画像をクリックすると、

別ページに移動してご覧いただけます。

手指消毒や、周辺消毒がほとんどの使用方法だと思いますので、

このSave The Glove水で20倍に希釈してお使いいただければ良いでしょう。

ざっと計算しても10リットル分ということになりますね)

空間除菌として使うなら50倍希釈でもOKです。

ちなみに天然原料ミネラル成分の御陰で、手が荒れません。

この除菌クリーナーをブログに書こうと思った理由があります。

新型コロナウィルスの感染予防対策により、色んな現象が起きていますよね。

誤報によりトイレットぺーパーが店頭から消えたり、マスクも消えました。

そしてネット販売ではマスクに並び、アルコール除菌液の価格高騰が目立っています。

「足元をみた商売」と言ったら汚い表現に聞こえるかもしれませんが、

私は正規価格で安全性の高いものを持っているので、この場をかりてお披露目させていただこうと思いました。

詳しくはコチラのURLをクリックすると、

別ページに移動してご覧いただけます。

 ↓コチラ↓

https://resast.jp/stores/article/24386/26815

この除菌クリーナーについてのご質問もお気軽にどうぞ。


1回の閲覧